2012年09月04日

追悼、真のお父様を思い歩んだ130キロ歩行精誠 その1

6074_504619589566176_331458973_n.jpg
[万王の王天地人真の父母様]

真のお父様が聖和された
9月3日は
私の49歳の誕生日


私に語りかけるお父様は
もう病床に伏せるお父様ではなく


 死生決断!
 完全投入!
 無限疾走!


天地を自由に主管される
万王の王天地人真の父母様
私のお父様!


そのお父様の声なき声

「新たに生まれ変わりなさい!」

私はこの遺言のみ言を
毎日、毎日、毎日
見失うことなく
歩んでゆきたい。



真のお父様が聖和される2日前

私は
沖縄最南端の地

「平和祈念公園聖地」に立っていた

正確に言うと倒れていた

沖縄最北端の地
「辺戸岬」から

「130キロ」歩行精誠

 2日と8時間

真のお父様につながる
13の機械に管を


130キロの歩行精誠を通じて
一つ一つ取って差し上げたい!


真のお父様の回復と快癒の為
 断食
 敬拝
 訓読を捧げる毎日



午前中の特別集会での教区長のみ言が
私の本心、良心に何度も何度も
問い掛けて来る


「更なる精誠」
「今の私に何が出来るのか!」


そう思った瞬間
誰にも(妻にも)相談せず
あまりにも無謀な決断をした。


しかし、
そのことが私にとって
一生涯忘れることの出来ない


お父様との
「父子の因縁」を結ぶ
歩行精誠になりました。


お父様の聖和を追悼する思いで
この130キロの歩行精誠を
綴ってゆきたい。



最後まで読んで下さり感謝です
矢印(↓)の下の統一教会をポッチと押して下さいね
皆様の応援を励みにしています!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by ryu at 18:35| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天一国時代の信仰生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。